Posted by at

2015年09月27日

レッドテールキャットと犬飼

「いつでもひとり孤独にひとりで生活している印象の女性」は『ひとりきりの世界を邪魔してはいけない』というかたくなな無言の威圧するような雰囲気があり、近づいてはいけないと思われる。
「本気で浮気する気なんかないくせに、バカじゃないの?」といった失礼な言葉を彼氏に向かって口に出すと、当人は「そんなに言うならお前以外の女とできてやるよ!」と彼女には告げずに態度を変える。
うまく誘えたら、最後はぐずぐずせずに、最後のタイミングでしいてデートを終わらせると、次も誘ってくれたら今日みたいに楽しく会いたいと思わせることが少なくない。
レゴ
「浮気することもできないのに、強がらないでよ」というような憎まれ口を使って彼氏を見下すと、カチンときた彼氏は「ふざけるな!浮気するよ!」と無言で開き直ってしまう。
恋愛について最初に頭に浮かぶ大事なことがらは何なのかと疑問があると言われたら、それには、タイミングを捉えることと回答するに違いない。第二でも、第三でも間違いなくそれだ。
口説き落としたい相手が不安になる病気などで弱っているときは特に誠意をこめた言葉や気遣っていることを分かってもらえることができたら、電撃的に相手を惹きつけることができるわけだから、勝負の時期である。
その甘い息吹に触れる世の中のものを全て貴いものにしてしまう、素晴らしい愛の魔法なのだ。例えるなら、暖かい光でどず黒い雨雲であっても金にする輝く星のような力でみたいだ。
迷惑にならないようくしゃみを手で覆い隠して、音をできるだけ静かにしようとするような人はコケティッシュということ。それほどまで空気を読んで、動いている人は、周囲の人に気遣いが行き届くので、誰からもモテる。
例えるなら結婚前提の交際のような長く女性とお付き合いしたいのなら、やさしい、そして賢い、さらに忠実なだけでなく、信頼もおける思いやりもある偉大な父親のような男になれ!そうなれば絶対に結婚できないはずがない。
意外かもしれませんが、テーブル席の場合、相手の席が目の前なら、惚れている人との間に物などを(例えば携帯や手帳それと水など)を置くのは失敗。そういう物があることでせっかくなのにプレッシャーをもたらすことになるということ。
思い出したくない過去の恋愛を忘れることができないなら、置いている大切なものでも恋人との恋愛を思い出させるようなものは捨てろ!ためらいがあるなら売ってしまえ!!これが基本中の基本、ぜひやってください!
例えば結婚前提のお付き合いのような本当に長期に彼女にモテたいのなら、優しくて、賢くて、さらに忠実なだけでなく、信頼もおけるみんなに対する思いやりもあるそんな父親のような男性になれるか。そうできれば結婚できるに違いない。
好意を持っている異性と出かけているとき、相手の隣の席でに座って、無意識に間に相手の荷物なんかをもし置く関係なら、それは拒絶の心の表れ。未だに心はさらけ出せていない裏付けなのである。
「今日のは俺が払うからさ、今度はごちそうしてね(笑)」などと言ってあげれば、女性に後ろめたい気持ちを受け止めさせることなく、場を和やかにして、いつかの甘いデートの約束に結びつくことになるだろう。
あなたが、話の途中に、近づきたい相手が、こちらをじっと見つめてほとんどまばたきしないなら、親しくなりたいと思われている見込みが確実と言っても過言ではありません。  


Posted by しうめもわり at 12:27Comments(0)